Ca a l'air délicieux!
appeti編集部

一歩大人な女性に。世界的に話題の“バーボンウイスキーカクテル”はもう飲んだ?

「バーボンウイスキー」を飲んだことはありますか?バーボンウイスキーとは、アメリカンウイスキーの中のひとつで、リッチで上品な味わい。ワンランク上の女性になりたいあなた、バーボンウイスキーカクテルで一杯乾杯しませんか?♪

2017/05/19
4759

バーボンウイスキーって知ってる?

IMG_9309

今、各国で「バーボンウイスキー」が流行っています。

バーボンウイスキーとは、アメリカンウイスキーの中のひとつ。

  • トウモロコシを50%以上使用
  • アルコール度数80%以下で蒸留
  • ホワイトオークの新樽で最低2年以上熟成

といった決まりのあるウイスキー。

また、その中でも、バーボンの金額の高い&品質にこだわりをもって作っているものを「クラフトバーボン」「スモールバッチバーボン」と呼び、このプレミアムバーボンウイスキーが大注目されています♪

IMG_9296

そして、その中でも今回ご紹介するのは「ウッドフォードリザーブ」。

こだわりぬかれて作られたバーボンウイスキー「ウッドフォードリザーブ」の魅力をお教えしましょう♭

 ウッドフォードリザーブとは

IMG_9292

アメリカのケンタッキー州で作られているバーボンウイスキー。

ケンタッキー州はバーボン作りに最適な気候かつ、“ライムストーンウォーター”と呼ばれる、ミネラルが豊富な水が地下水にたまっているため、質の良い水を使用することができます。

そして肥沃な土壌により、穀物もよく育ち、あまくてピュアなトウモロコシを収穫することができます。

IMG_9294

発酵は、昔ながらのイトスギ発酵槽を使い、フルーティーな味わいが出るようにしているのだとか。

そしてその後は単式蒸溜釜のポットスチルで3回蒸溜させ、アメリカンホワイトオーク樽の新樽で貯蔵&熟成を行います。

 実際に飲んでみると…

IMG_9301

「Woodford Reserve Distillers Select」

色は、ハチミツのような色合いを持った光沢感のあるマホガニー色。

そして香りは、バニラやバタースコッチなどのクリーミーさとエレガントさが重なり合います♪

また、少しペッパーのようなスパイシーな香りもしますよ。

口にふくむと、まずはキャラメル、フルーツフレーバーがふわりと広がり、とげとげしさのない甘さを感じます。

IMG_9302

「Woodfored Reserve Double Oaked」

こちらは新樽で2回熟成されたバーボンウイスキー。

よって、より深い琥珀色と力強いテイストを感じます。ですが、その中でもフルーティーな味わいはしっかりと残っており、オークの香りもあります。

 話題の“バーボンウイスキーカクテル”もいただきます!

IMG_9310

提供していただいたのは「抹茶のオールドファッションド」。

通常のオールドファッションドは柑橘系と薬草系のにがみのあるものと砂糖をいれ、バーボンウイスキーを注ぎますが、こちらは柑橘系を抹茶に変更し、より和テイストで味わえるドリンクになっています。

抹茶とウッドリザーブが共存していながらも、深みのある味で、ウイスキーが苦手な方でも飲みやすいカクテルですよ♪

合わせて食べたいフードをご紹介!

IMG_9305

トップバッターは「パルミジャーノ・レッジャーノ」。

適度な塩分がウッドフォードリザーブとマッチ。

チーズといえばワイン!といった印象がありますが、このペアリングを一度試してみてください。きっと考え方が変わりますよ。

IMG_9306

お次は「赤身肉」。

塩コショウでシンプルに味付けされた赤身肉とオンザロックで夜のおつまみ。

IMG_9307

そして最後は「ドライクランベリー」。

ウイスキーと相性がいいドライフルーツの中でも、しっかりと酸味がありフルーティーなクランベリーがベストマッチです♭

 バーボンウイスキーで大人な夜の時間を

IMG_9312

歴史も、味も、奥深いバーボンウイスキー。

父の日に「ウッドフォードリザーブ」をプレゼントして、家族で乾杯をしてはいかがでしょうか。

オンラインショップはこちら

Recommended 関連記事
この記事が気に入ったら
いいね!してね。